反町耳鼻咽喉科HOME診療案内クリニック紹介

« 2013年09月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月 アーカイブ

2013年10月04日

横浜スタジアムの熱狂がすごい

Baystarsも残り試合わずかとなり、最終戦は行けそうもないので昨日横浜スタジアムへ応援に行って来ました。平日なのに阪神ファンより1塁側の方が混んでいて外野は9割、内野はシーズンシートっぽいバックネット裏の方の席を除けば7割方埋まっていた感じでしょうか。横浜ファンは結構いるんですね。
試合の方はぼろ負けしました。今年横浜スタジアムへ行った試合は全敗で終わってしまいました。でも、ブランコ選手のホームランと荒波選手の盗塁見れたし。ただ今、ブランコ選手打点王と首位打者の二冠。打撃も調子良さそうだし、バレンティン選手調子落としているみたいだし、二冠王にむけて残り2試合突っ走ってください。

2013年10月07日

徒然なる感想

徒然なる感想2題
横浜線の踏切で不幸な事故があり、連日マスコミで放送されています。しかし、確かに勇気をたたえ、亡くなった方のご冥福を祈るのは大事だけど、マスコミの役割はそんな事でないのではないかと以前から思ってました。「踏切内のアクシデントがあったら、まず、非常警報装置を押すべし!」と、連呼するのがマスコミの役割ではないでしょうか。踏切内の異常を検知する機械はありますが、自動車は検知できるけど人間は検知できないはずです。バイクや自転車は? ですから、非常警報装置を押せば近隣の電車に連絡が行き、非常停止するはずです。(鉄ちゃんなものでこんな事にも興味持ってた)
桜塚やっくん(よく知らないけどテレビで見た事はある)が交通事故でなくなりました。高速道路で自損事故を起こして停車したため車の外へ出たところ、ほかの車に轢かれたそうです。もし、自分が当事者だったらどのような行動を取ったらいいのかわかりません。降りたら轢かれるかもしれないし、乗っていても他の車がぶつかってくる可能性高いし。反射板を用意しなければいけないから降りなきゃいけないし。夜なら反射板見にくいから、自分で懐中電灯で反射板を照らしながら設置するようにと聞いた事はありますが、、、。まずは発煙筒?

2013年10月15日

ご冥福をおいのりします

「あんぱんまん」の作者、やなせたかし氏が亡くなったそうです。ご冥福をお祈りします。私も幼稚園の頃アンパンマンの本をもらった記憶があります。その後、今でも本屋アニメで健在なのはものすごい事だと思います。やなせたかし氏も94歳だから、老衰で亡くなったのでしょうけど、私には「永遠の命をもらい、妖精になった」気がします。

2013年10月16日

台風過ぎて

10年に一度の強力な台風が関東直撃との予想だったので、また、午前中は強風に注意とのことだったので、早々に午前中の休診を決めてしまいました。そうしたら、天気が良くなったので、皆様にご迷惑をかけたかと思います。申し訳ありません。天気予報に脅かされてしまったようです。
近所では台風の被害があまりなかったのでほっとしました。

2013年10月21日

27号台風接近

24日(木)、25日(金)と長野県松本市で日本聴覚医学会があり、参加のため25日休診とさせていただいてますが、台風が接近してきてます。25日(金)に帰ってこれれなかったらどうしよう?今から心配しています。どこかへそれて欲しい。または、消滅してほしい。

2013年10月23日

インフルエンザワクチンの話を聞いて来ました

先日、けいゆう病院の菅谷先生によるインフルエンザワクチンについての講演を聞いて来ました。最近のワクチンはA香港型については効果が弱くなっているそうです。しかし、他のA型、B型には効果があるので接種をすすめていました。また、集団接種は感染の予防に効果があるとのことで、接種するなら集団接種をすすめるそうです。以前は学校で接種してましたね。その日は朝から教室の雰囲気が暗かった記憶があります。学校での集団接種をやめてから高齢者のインフルエンザ死亡率が上昇したそうです。といっても、公的な集団接種は始まりそうもないのでとりあえず、接種するなら家族全員でとすすめていました。つまり、受験生の家庭は家族全員での接種をお奨めします!頑張れ、受験生!
また、日本のインフルエンザ治療は世界で一番です。早期に受診し、早期に抗インフエンザ薬を投与したため、あの新型インフルエンザの時の死亡率が他国では信じられないほど低かったそうです。他国は皆保険じゃないから(例外もあるけど)早期に医療機関受診しないですもんね。抗インフルエンザ薬も重症にならないと処方されたかったりしたそうです。

2013年10月28日

学会の感想

難聴と補聴器の勉強をしてきました。台風が接近してたのでひやひやしていましたがそれてくれて助かりました。
最近の補聴器の進歩は目を見張るばかりです。最近はほとんどデジタル補聴器ですが、以前はデジタル処理に一瞬時間がかかり、それを違和感と感じていた人がいるのですが、デジタル処理の時間が早くなり、ほとんど違和感が無くなり、軽度難聴や片側難聴の人でも積極的に補聴器を装着できるようになったそうです。後は値段の問題ですね。それも、軽度で簡単な物なら10万円を切る機種が出てきましたが、それでも、決心が必要な値段ですよね。

About 2013年10月

2013年10月にブログ「反町耳鼻咽喉科 院長ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年09月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35